おつきさまの記。

不登校の話とか、教育の話とか。短歌とか。その他諸々、日々の徒然。

買わせたケーキを投げ捨てるおんな。

「ぼくは、女の人にそう扱われたいという願望があるよ。」

今週のお題は「恋バナ」とのこと。私は、かつて恋人に言われたそんな言葉が、強く印象に残っています。

 

 村上春樹の『ノルウェイの森』に、こんな台詞があります。

「たとえば今私があなたに向って苺のショート・ケーキが食べたいって言うわね、するとあなたは何もかも放りだして走ってそれを買いに行くのよ。そしてはあはあ言いながら帰ってきて『はいミドリ、苺のショート・ケーキだよ』ってさしだすでしょ、すると私は『ふん、こんなものもう食べたくなくなっちゃったわよ』って言ってそれを窓からぽいと放り投げるの。私が求めているのはそういうものなの」 

(中略)

「そうよ。私は相手の男の人にこう言ってほしいのよ。『わかったよ、ミドリ。僕がわるかった。君が苺のショート・ケーキを食べたくなくなることくらい推察するべきだった。僕はロバのウンコみたいに馬鹿で無神経だった。おわびにもう一度何かべつのものを買いに行ってきてあげよう。何がいい? チョコレート・ムース、それともチーズ・ケーキ?』

 

彼はそれを引き合いに出して、「こういう女性って、君はどう思う?」と問いました。

 私は、彼が私に求めている答えは「私にはそういうひとの気持ちはちょっとわかんないや」だと思って、そう答えます。

すると彼は、「ぼくにはそういう願望がある」という冒頭のセリフ。さらに、「そういう女のひとと付き合っていて、似たようなことをしていたことがある」とのたまうのです。

「みんなに『その女はやばいよ』と止められたけど、ぼくは嬉々として話していた。」

 

私は腹が立ちました。

「そんなこと言ったら、私もあなたのこと、そういうふうに扱っていいんだって思うよ。」

 

私だって、わがままを言いたいです。

デートのプランを決めさせておいて、「気分じゃなかった」と拗ねたい。

「電話して」と言っておいて、気まぐれに無視したい。

「会いたい」と急に言って、飛んできてもらいたい。

そして時々、彼がしてくれたことに心から喜びたい。

そんなふうに、わがままを言う私ごと愛してもらって、だから私も時には怒ったり時には喜んだりして。私を喜ばせるために、いろいろなことを考えてほしい。

 

そのくらいのこと、私にもできそうです。

でもそれは、彼の男性としての尊厳を、踏みにじる行為だと思います。

私がそれをしなかったのは、彼を尊敬していたからです。

 

「この人には何をしても大丈夫」という安心感は大切です。だからといって、何をしてもいいというわけではありません。彼を人として尊重しているからこそ、過度なわがままは控えていました。私にとって、そういう思いやりこそ、相手を尊敬していることの表れでした。

 

なのに彼は他の女性に、そうした尊厳を踏みにじるような行為を許し、喜んでいたと言うのです。

だったら、私だってそうしたいです。それほどの気まぐれとわがままを許される関係ほど、心地よいものはないのだから。 

 

嫉妬と言ってしまえばそれまでですが、何とも言えない気持ちにさせられた、そんな思い出なのでしま。