読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おつきさまの記。

不登校の話とか、教育の話とか。その他諸々、日々の徒然。

不登校のゴールとは、どこにあるのか。

この間のブログに書いた講演では、聞いてくださった方々から、感想をいただきました。その中で印象的だったのが、次のような内容のものです。 「不登校を乗り越えた、という趣旨の講演会でしたが、お話しされた方は、まだ不登校に苦しんでいるように感じまし…

どんな親であってほしかったか。

以前、ご縁があって、不登校の親の会で体験者としてお話をさせていただいたことがあります。 不登校の子を抱えて、多かれ少なかれ困っていらっしゃるだろう保護者の方たちに、経験者として何を伝えたらよいのか。不登校の親の会に参加すること自体からも、自…

「ふつう」と「ふつうじゃない」の狭間で。

「ふつう」でありたいと、人は願います。 せめて、人並みの給料がほしい。せめて、人並みの休みがほしい。せめて、人並みの幸せがほしい。そんなふうに、私たちは願います。 「ふつう」を辞書で引くと、「特に変わっていないこと」とあります。他の大多数の…

いつ、挫折すべきか。

就職試験の面接のため、準備をしていたとき。定番の質問のひとつに、「あなたの挫折体験を教えてください。(それをどう乗り越えたか)」というものがありました。挫折を経験し、それを乗り越えたことのある人は、同様の挫折に見舞われた時も「なんとかなる」…

休みたいのは当たり前です。

平日は12時間労働、休日出勤あり。帰宅後も持ち帰りの仕事あり。代休はなし。そんな仕事に、あなたは就きたいですか? それに近い生活をしているのが、中学生だと思います。 社会人になって2年目の私が、何よりも楽しみなのは、週末です。「明日から休み…

「よく真っ直ぐ育ったねえ」

大学の心理学で、ステレオタイプという言葉を習ったことがあります。固定観念。 私は、自分は偏見なんて持ち合わせていないと思っていました。ところが、日本人は礼儀正しいとか、A型は几帳面だとか、「◯◯な人は△△だ」みたいなステレオタイプは世の中に溢れ…

私は不登校でした。

「不登校になる子」って、どういう子だと思いますか? 人間関係が作れない子? 性格が暗い子? 勉強がきらいな子? 「どういう子?」と聞かれて、プラスのイメージが湧いてくることは少ないでしょう。不登校って、一般的には、かなりの色眼鏡をかけて見られ…