おつきさまの記。

ゆとりのある生活をしたい、ゆとり世代が日々考えたことを書き綴っています。

行動しないと、居場所は得られない。

私は常々、人には居場所が必要だと考えています。居場所とは、そこにいる人が自分のことを拒絶しないとわかっていて、居心地が良く、安心できる空間や集団のこと。そして、精神の安定のためには、居場所は複数必要であること。居場所はひとりでいることも含むけれど、それだけでは不十分で、やはり他者からの受容が欠かせないものです。

だからこそ今の学生(特に中学生、だと思っていますが)は大変だと思うのです。朝8時に登校し、部活動が終わるのは夕方。そこから家に帰り、塾(学校の友達も通っている)に行き、帰宅して寝る。起きたらまた学校。居場所の中心が学校と家庭しかなくて、無関係な習い事でもしない限り、そこから広がっていかないのです。これでは、学校が居場所でなくなった瞬間、居場所の大半が失われてしまうのです。居場所がないほどつらいことはありません。

 

子供には複数の居場所があった方がよいと考えているわけですが、ふと、自分の居場所はなんだろうと振り返ると、ずいぶんと寂しいものでした。

・自宅や家族

・職場

・同期(同業者)

・大学の友人(同業者)

・サークルの仲間(同業者)

これだけです。しかも仲良くしているのは同業者ばかり。環境が似ているほど話も合うので当然と言えば当然ですが、仕事がなくなったら、もう私に居場所はないのかもしれません。そう思うと、なんとも言えない危機感に駆られました。

居場所を増やすと言っても、今の生活をそのまま続けていたら、増えるのは仕事のつながりばかりです。それはそれで人脈としては貴重ですが、ますます仕事への依存度が高まってしまいます。

依存度が高いということは、なくなったときのリスクが高いということ。仕事など精神を病んでしまったら辞めざるを得なくなりますから、そのとき居場所が他にないと、ますます精神的につらくなってしまいそうです。恋愛もそうですが、ひとつのことに依存するのはあまり良くない気がしています。(浮気をするという意味ではなくて。)

 

そこで、ウクレレを習い始めました。マンツーマンのレッスンですが、続けていると受講生同士の発表会もあるようです。同じ趣味をもつもの同士、互いに居場所になれるのではないかと期待したのです。

あるいは、単発の習い事をするようになりました。継続性はないけれど、同じことに関心をもつもの同士、集まって活動している間は居心地の良さを感じるからです。

また、美容院やカフェなどは、同じお店に繰り返し行くようになりました。別に常連になって店員さんと仲良くなりたいわけではなくて、ただお店の雰囲気や方法に慣れていると、落ち着いた気持ちで過ごせるからです。

こんなふうにブログを書いているのもそうで、もしかしたらそのうち、似たようなことを考えている人と緩くつながれるかもしれないという淡い下心があるのです。あるいは、同じように日記めいたブログを書いている人がたくさんいるというそれだけで、ささやかな仲間意識のようなものを感じます。

 

「受け容れてほしい」という言葉はとても受動的ですが、実のところ、居心地の良い場所は自分から行動しないと得られないものなのかもしれません。正直、新しいことを始めるのは不安で、億劫で、あまりしたくありません。でもそこに飛び込んで、仕事だけではない、新たな居場所を得ていくことが自分にとって必要なのだろうと思います。

翌朝は、サイダーを飲む。

「五月の連休って、こんなに暑いんでしたっけ。」「毎年、そういう声を聞いている気がしますね。」

昨日天気予報を見ていたら、予報士とアナウンサーがそんな会話をして笑っていたけれど、その通りで、去年の今頃がどうだったかなんて毎年忘れて、毎年暑さや寒さに驚いている気がします。人間の記憶って、ほんとうに儚いものです。毎日感じているはずの暑さや寒さも1年経たないうちに忘れ去ってしまうのですから、たった一度しか起きなかった、大切に覚えておこうと思った記憶も、両手からこぼれ落ちるように忘れてしまっているはずです。そう考えると、なんだか自分で自分のことがわからなくなります。

天気予報士は、ゴールデンウィークの陽気や雹の様子を伝えたあと、明日は立夏です、と締めくくりました。暦の上では夏。それにふさわしい青空が、頭上に広がっています。

 

洗濯物を干して彼の家を出て、自宅に帰ります。その道中、コンビニでサイダーを買いました。キャップを捻ると、しゅっと鳴る爽やかな音が、今日の青空、微かな暑さを吹き飛ばす風にぴったりです。

炭酸って喉にくるし、お腹にも溜まって膨れてしまうから、普段はあんまり買いません。けれど、たまに無性に飲みたくなることがあって、それはどんなときだろうと考えたとき、ふと、いずれも帰り道であることに気づきました。それも、彼の家に泊まった帰りとか、ホテルの帰りとか、要するに、男性とそういう行為に及んだ帰り道です。夜であったり朝であったり、夏だったり冬だったり、恋人だったり男友達だったり、状況は様々ですが、そういう日の帰り道は、炭酸を飲みたくなるんです。

 

ペットボトルを傾けたときのしゅわしゅわした弾ける泡の感触、それが喉を通る時の痛みに似た感覚、を求めるのは、私の一体どのような心なのでしょうか。その爽快な喉越しは、何か気だるい、汚いものを洗い流してくれるような心地があります。

私は好き好んで男性と寝て、それなりに満たされた気持ちで帰路についている気がしていましたが(時には酔いに任せてしまって、二日酔いでげんなりした帰り道のこともあったけれど)、もしかしたらそうではないのかもしれない。自分の家に帰る時まで彼らのことを持ち越したくないから、炭酸の清涼感が欲しくなるのかもしれない。帰り道に炭酸が欲しくなるような男性と、付き合っているのがいけないのかもしれない。

 

今の彼に何の不満もないはずなのに、こんな些細なことから自分の気持ちに疑念を抱いてしまうのは、私の悪癖です。

納得のいかないこと

学校に行けないことに対して、本当に何の気兼ねももっていない子どもは、そう多くはないと思います。やはりどこか後ろめたさを感じていたり、表向きは気にしていないように見えても、なんとなく落ち着かない気分でいたり。全く気にしないのならそれはそれで良いのですが、どこか引っかかる気分でいるということは、つまり心のどこかで学校に行けない(行かない)自分を否定しているのです。

うまくいかないとき、自分で自分を否定するのはつらいものです。でも、精神的に余裕のないひとが、自分で自分を許すのは、難しいものがあります。だから、うまくいかないときには、そんな自分を他者に肯定してもらう必要があるのではないでしょうか。

 

肯定できる他者とは誰か。「学校においでよ」と言うのは、肯定ではありません。それは行けない自分を追い詰める、責める言葉です。行けるならとっくに行っています。友達がいくら誘ってくれたって、それはあまり励みになりません。

保護者がその役割を果たせればよいですが、自分の子はかわいいものです。子どもに幸せになってほしいと願っていると、「そのままでもいいんだよ」という言葉をかけられないこともあるかもしれません。学校を休んでいれば友達とも疎遠になるし、成績も下がります。高校だって行けないかもしれません。そんな心配をすると、おいそれと「そのままでいい」などと言うことはできないのではないでしょうか。

スクールカウンセラーの先生などは、きっと受容の言葉をかけてくれることでしょう。しかし、カウンセラーの先生とつながることができるのも、全ての子供ではありません。そこまでではないから必要ない、と自分の現状を認められなければ、そうした機会も得られないのです。

 

どんな子供でも何らかの形で関わるのは、現状、学校の先生です。学校に行けばいるし、休めば、例え会えなくても家庭訪問をしてきます。子どもにとって先生とは学校を代表する存在であり、その先生が「つらいなら行かなくてもいいよ」と言ってくれたら、安心するのではないでしょうか。

納得いかないのは、実際に現場の先生が「つらいなら……」という声かけをするのは、見捨てられたと保護者の方に誤解されたら困るからタブーであると、内部から批判されていることです。あるいは、来なくていいよと声をかけると本当に来なくなってしまうから、言ってはいけないと言われるそうです。私はもし一時的に学校に来られなくなったとしても、先生が味方であるという姿勢を示して、安心感を与えることの方が重要なのではないかと考えているのですが、立場上それはいけないことらしく。

 

もっと学校という場が、イレギュラーを認められる、あたたかな場であればよいなと思います。

夕焼けの空は、おおきな虹である。

「虹の根元には、宝物が埋まっている。」

 小さい頃、童話が好きでよく読んでいました。アンデルセン童話やグリム童話、その他各国の民話など、図書館で借りて次から次へと手にしていました。「虹の根元には、宝物が埋まっている」という言葉をどこで聞いたかは覚えていないけれど、それはもう常識として私の身に染み付いています。なにか虹というものは、幸せを与えてくれるものだというイメージがあるのです。

虹は美しく、儚いものです。雨上がりのほんの一瞬、湿った空気を太陽光が照らしたときに現れる7色の橋(国によって色の数や種類は違うそうですね)。昔の人が虹に思いを馳せ、「遠くに見える虹の根元には宝物がある」と考えたのも納得できます。実際にはどんなに歩いても虹の根元には辿り着けないわけですが、それが余計に神秘さを増すのでしょう。

 最後に虹を見たのは、いつでしょうか。幼い頃、庭の水やりに使うホースの先端から霧状の水が出るようにして、それで虹を作って遊んでいたのを思い出します。そんな小さなお手製の虹でも、当時は幸せを感じたものでした。

私は夕暮れの、薄ぼんやりと橙色に染まった空が好きです。頭上にはもう夜が来ていて、群青色から、地平線の太陽の赤に向かって少しずつ色を変えていく空の表情が好きです。あれは、毎日見ることのできる、大きな虹だと思っています。

 

私たちは毎日虹を見ているのに、そのことに気づけていません。

 

以前、失恋して落ち込んでいる友人を連れて、砂浜を散歩したことがあります。いかんせん人と関わるのが上手ではないので、どう言葉をかけたらいいのかわからなくて、「空は虹なんだ」という話をしました。空いっぱいに見える虹を見ていると、自分の悩みなんかちっぽけなものに思えるよ、って。言葉にすると思いがはっきりすることは往々にしてよくあり、私は友人にそう告げると同時に、だから自分は夕焼けの空が好きなのだということに気づきました。

私の好きな言葉のひとつに、「明珠在掌」があります。詳しくは知らないのですが、「明珠(宝物)は既に掌に在る」のに、人はそれに気づかず、宝を探し続けてしまっている、というような意味だそうです。幸せは既に手の中にあるのに、それに気づいていないということ。

隣の芝は青いというように、自分の持っていないものほど、すばらしいものに見えます。あの人は英語が喋れていいな、とか。あの人は素直に自分の感情を表現できていいな、とか。あの人は恋人に愛されていていいな、とか。そうやって人と自分を比べてしまうと、だんだん辛くなります。

あの人は悩みがなさそうでいいな、と羨むのは、きっと違います。本当は、「いいな」と思っている人たちにもそれぞれ悩みがあり、その中で折り合いをつけて満足しているから、傍から見て幸せに見えるのでしょう。

どこか「完璧な」幸せを探して現状に不満を抱いているうちは、まだまだだな、と自戒の念を込めて。でも、治したいことも欲しいものも、まだまだたくさんあって、煩悩を捨てきれません。やっぱり幸せそうな「あの人」は羨ましいです。

視野の狭さを自覚すること。

高校生の時、家庭科の先生が大嫌いでした。なぜかというと、その先生が授業のとき、「反抗期がない子どもはおかしい」と言ったからです。

 

「反抗期がない子どもはおかしい。私も前にそういう生徒を教えたことがあるけど、やっぱりおかしかった。」

 

私はその言葉に衝撃を受けました。私は、母から「あなたは反抗期がなかった」と言われて育ってきたのです。この先生は私には何も言わないけれど、内心ではおかしいと思っているのだろうか?

その学期の授業が終わるとき、私はどうしても納得がいかず、フィードバックの用紙に「先生は『反抗期のない子どもはおかしい』と言っていましたが、私も反抗期がないと言われて育ってきました。私もおかしいのでしょうか。」と書きました。こう書いたことによって、この先生はますます、「反抗期のない子どもはやっぱりおかしい」と思うのかもしれないな、と思いました。

それに対する反応はありませんでしたし、そもそも何人もの生徒を教えている先生が、その感想を読んだかもわかりませんけれど。

 

教育学部で勉強をして、また周囲の友人とその親との関係を見て、私自身もたしかに、「子どもが素直に反抗できない親子関係」は不健全であると感じています。しかし、その関係を作ったのは子どもだけではありません。親にも責任があるはずです。「この人は反抗しても最終的には受け止めてくれる」という絶対的な安心感を、与えることのできない親。そのことを棚上げにして、専門家である家庭科の先生が、「反抗期のない子どもはおかしい」という極端な表現を使って生徒に話をするのは、いかがなものでしょうか。

未だに私はふと、家庭科の先生の言葉を思い出します。そして、「だから私はおかしいのかな」と、そのおかしさを生み出した原因のひとつである母を恨めしく思います。

 

私自身が自分がかけられた言葉をもとに考えてしまっているように、やはり人は、自分の経験に基づいてしか考えられないものです。そのことに気づくことが大切です。自分は、自分が見てきた世界しか見えていません。人には、その人が見てきた世界しか見えていません。なのに、自分の世界からはみ出るものを理解できないと、「おかしい」とか「よくない」とか断じたくなります。

自分の見ている世界の狭さを認識し、他者を否定せず「そういう考えもあるよね」と受け入れられる人こそが、私の理想です。

仕事は暇つぶしである。

と言っていた知り合いの言葉が、意外で、よく覚えている。

 

私のしている仕事は、「やりがい」を強調したり、それを「生きがい」と表現したりすることの多い職業である。だからこそ私自身も、「仕事=自分の人生」という考え方を得たくて、しかしそう思えない自分に対して葛藤を覚えていた。憧れる同僚のように、「楽しいから、仕事が苦だと思ったことはない!」と言い放ちたいけど、できるなら働きたくないし休めるなら休みたいのが本音。

もちろん、同じようなことを考えて言っている人もいる。ただ、「自分の生活を優先したい」と声を上げた人のことを飲み会で非難する人もいるので、大きな声で言えない。そんな自分は、生半可な気持ちで働いているように思えて仕方がない。

もし働かなくて済むのなら、その時間を使って、やりたいことがたくさんある。まあ、そのやりたいことをするためにはお金がいるから、結局働くのだけれど。

 

しかしその知り合いは、仕事が一番じゃないんだよ、と言った。その考えは、私の周囲で良しとされるものとは正反対なので、堂々と発言するその姿に、たじろいだ。「そんなこといっていいの?」って。

その人いわく、暇だから仕事をするんだ、と。お金がいるのもそうだけど、時間はたくさんあって、何もなければその時間を持て余してしまう。1日何時間も拘束されて、しかも何らかの自己満足感(金銭なり自己の成長なり達成感なり)を得られる仕事は、ちょうどいい暇つぶしなのだ、と。

暇つぶしだから別に極度のストレスも受けないし、必要以上にのめり込む必要もないと思っている、と。

 

ふうんって、その時は釈然としないまま話を終えたけれど、最近少しその意味がわかる気がする。

この年末年始、暇だったのだ。友人も皆帰省したり家族で過ごしたりしているし、私はひとりで、とても暇だった。

自由な時間がたくさんあるから、大掃除して、どこどこに行って、あれをして〜〜〜〜と楽しみに計画していたけれど、いざ休みに入ってみると、やりたかったことなど数時間あれば終わってしまうのである。

そうしたら、手持ち無沙汰になった。

息抜きが楽しいのは、抜く息があるから楽しいのであって、何のストレスも疲れも感じずひとりでのんびりしている時には、その必要性もない。かと言ってひとりでぼんやりしているのが楽しいかと言うと、まあ楽しいし、心のゆとりを感じるけれど、どうも生活に張り合いがない。

仕事をしているからこそ、空いた時間も楽しく過ごすことができる。それがなければ暇。そういう意味では、たしかに仕事とは暇つぶしだなあと思うのであった。

来年のことを言うと鬼が笑う。

小さい頃、家には漫画がありませんでした。しかし、子供心に本よりも手軽な漫画を読みたい日があって、そんな日には、ことわざ慣用句や四字熟語の四コマ漫画を読み込んでいました。「十人並み」という言葉を知って、物知り顔に母に「私の容姿は十人並みだから」と言ったら、「さすがにそこまでは良くないよ」と言われ、まるで自分が自惚れているようで恥ずかしかった覚えがあります。(十人並みとは、普通であるという意味です。)

いくつかお気に入りのことわざや何かがあって、そのうちのひとつが、「来年のことを言うと鬼が笑う」です。「来年のことを言えば鬼が笑う」という言い方もあるようですが、先のことなんかわからないのに、あれこれ言っていると鬼に笑われますよという言葉。鬼が笑う、という語感が好きで、隙あらば使おうとしています。

鬼に笑われるかもしれませんが、今は年の瀬、来年は目前に迫っていますから、もう良いでしょう。ということで、今週のお題「2018年の抱負」。

 

最近ネットで、「自律神経を整える日記の書き方は、よくなかったこと→よかったこと→翌日の抱負の順で書くと良い」という文言を見ました。調べてみると、どうやらこれは、小林弘幸さんという方の著書が元になっているようです。今回は日記ではなくて1年というスパンの話になりますが、これに基づいて、振り返ってみたいと思います。

 

よくなかったこと。

自分の私生活のわがままで、職場の人に迷惑をかけてしまったこと。結婚するとか言って人事を調整してもらったのに、年度途中でその話がなくなり、結局無駄だったということになってしまいました。周りの人は優しいので、それについてあまり責めませんが、反省すべき点だと思っています。浅慮による判断。そもそも彼との別れに至った経緯の中にも、浅慮による判断が多々あります。後悔はしていませんが、自分の負うところは多いです。

異性関係。これに関して深く言及しても仕方ないので避けますが、反省すべき点は大いにあります。

 

よかったところ。

仕事の面で、去年よりもうまくいくようになって自信がついたこと。人事をいろいろ調整していただいた結果、去年の反省を生かし、今年に臨みやすい体勢を整えることができました。結果として、PDCAを効果的に行うことができ、仕事のやり方を工夫できるようになりました。来年はまた異なる仕事を任されるかもしれませんが、学んだことは活かせそうです。

私生活に、迷いがなくなったこと。選択肢が多いことは、迷いを生むことになります。このまま地元で仕事を続けるか、彼のところに越して働くか。働かないか。同じ仕事をするか。転職するか。選択肢がいろいろありすぎて、何を選んだらいいのかわからなくなっていました。私は初志貫徹というのを大切にしていて、結局今回も、自分の初志を大切にした結果彼とは別れることになったわけです。それならそれで、自分の決めたことは納得いくまではやろうと、それまでの中途半端な気持ちをなくすことができました。

 

総括すると、仕事はよかったけど私生活はよくなかった、という感じがします。そこで、来年は、公私ともに充実させます。

仕事は、自分を追い詰めない程度にがんばる。

料理や掃除や、自分の生活を自分で保つための能力を意識的に高める。

土日、少なくともどちらかは休めるようにし、心身ともに休息を取る。

そして、前向きに日々の生活や仕事に向き合っていく。

このあたりを、来年の目標にしていこうかな、と思っております。